【パッとSPEKING】あなたが言いたい事を英語で瞬間的に言えますか?

speaking

>>公開は終了しました<<

英会話をする時に、あなたは自分が言いたいことを英語で言えますか?

あなたが言いたいことを、いったん日本語で思い浮かべて、それを英語に翻訳して口から出す
というのでは時間がかかりますし、いくらきれいな発音で英語が言えるようになっても意味が
ありません。

翻訳家で英語指導を行っているという戸田亮さんは、英会話学習のように知識を詰め込む練習
自体は重要なことだとしても、実践せずに知識だけを増やしたところで無駄
だと言います。

つまり、従来型の英会話学習でありがちな、話せるようになる為の勉強ばかりを続けたところ
で、いつまでたっても英会話ができるようにはなりません。

受験英語は言うまでもなく知識を詰め込むだけで英会話という観点では無駄でしかありません
し、マンツーマンレッスンで英語だけで講師と話し合ったところで同じです。

また、聞き流すタイプの教材に多いのですが、決まり切った定型文的な英文を頭に詰め込んだ
だけでは、実際に英語で会話をしていると「しどろもどろ」になるのは時間の問題です。

それは、あなたの頭の中に「英語脳」ができていないからだと戸田さんは説明します。

あなたが身につけた英語の知識を結びつけて、自由に使いこなせるようになれば自然と英語脳
に切り替わると言われていますが、具体的な方法がわからなければ、いつまでたっても戸惑う
だけで終わるだけです。

戸田さんは、以下の4ステップで英語脳を身につけられるようになると指摘します。

  • 英語の基礎知識を身に付ける(英語の知識を増やすこと自体は否定しません)
  • 身に付けた基礎知識を「自分のもの」にするために練習をする
  • 実際に英語で会話をして経験値を増やす
  • 英会話を大量に行って、より高度な英会話スキルを身に付ける

独学で英会話を学んでいる人は実戦不足で失敗し、英会話スクールなどでは英語の基礎知識が
足りずに挫折するといったケースが多いのです。

このページの先頭へ