【元祖 簡単なベランダ菜園のすすめ】消費増税対策に週10分の自宅で野菜栽培

saien

appli02_green

東京のワンルームでベランダがないという状況でも、室内でB5用紙1枚分のスペースがあれば
野菜を育てられる事を知っていますか?

畑を借りたり、庭やベランダなどでプランターを置いてこまめに手入れをしなくても、わずか
週10分で自家製の有機野菜を育てられる
のです。

消費税の増税や光熱費の高騰、天候不良に伴う不作などで野菜価格の上昇が止まらない状況が
続いていますから、少しでも食費を下げるために手軽に行える家庭菜園は選択肢になるのでは
ないでしょうか。

もちろん、全く日の当たらない場所では野菜は育ちませんから、1日1時間以上日の当たる場所
という制限はありますが、大都市の込み入った場所にある物件でなければ難しい条件ではない
と思います。

この「元祖 簡単なベランダ菜園のすすめ」を開発したのは、元那須野農協野菜指導員で野菜
直売所とレンタルファームを経営している、栃木県那須高原で農家を営む人見浩さんです。

人見さんは先代も農家を営み、国立大学法人宇都宮大学農学部で水稲や野菜についての研究を
行い「植物と会話をできる能力」を身に付けたことができたといいます。

当然ながら、オカルトチックにテレパシーができるというわけではなく、植物の現在の状況を
正確に把握できるようになったという比喩的な意味です。

この経緯を元に、週2回の水やりだけで基本的にはOKという、ほとんど手間のかからない栽培
方法である「元祖 簡単なベランダ菜園のすすめ」を開発することに成功したのです。

あなたは、人見さんのような高度な農学的な知識は必要ありませんし、市販の家庭菜園のよう
に手間と時間、そしてお金をかける必要も一切ありません。

食費を節約するために野菜などを育てるのに、栽培するのに大金がかかっては無意味ですから
当然ですよね。

【詳細を開く】

このページの先頭へ