【東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラム】合格率と難易度は違う!

todai

appli02_green

一発合格する人と、何度も再受験する人とに綺麗に分かれる資格試験の一つが介護福祉士国家
試験
です。

その原因は個人によって違うとは思いますが、合格率の高さに油断して試験勉強がおろそかに
なってしまったり、試験範囲が広いことから全てしっかりと学ぼうと思っても時間が足りずに
挫折するといったケースが考えられます。

介護福祉士試験は年に1回しかありませんから、次回で合格できなければ、その翌年まで待つ
しかないわけですが、試験制度も手直しが行われていますから次回試験で受験資格を失う場合
もありえないとは言い切れません。

(受験回数や老々介護防止という名目で年齢制限を設けるようなことはないと思いますが)

そこで、効率良く試験勉強に取り組む必要があるわけですが、資格学校や通信講座は高額です
し、参考書や問題集を使って独学していても勉強がはかどらないという経験をしたことがある
かもしれません。
東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラムでは、幼稚園児でも簡単にマスターできる
浅田哲臣さんの「東大式記憶術」を使って、人間の記憶メカニズムにあった形式で介護福祉士
試験で必要な事項を効率良く覚えることが出来ます。

東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラムは大きく以下の3ステップをするだけです。

  • 東大式記憶術を活用した「脳が記憶しやすい状態」にする学習法を身に付ける
  • スキマ時間などに合計7時間の音声を聞いて試験に必要な知識を身につける
  • 「介護福祉士記憶アプリ」(Webアプリ)で問題演習を行い知識を定着する

これと並行して市販の問題集を使った学習を行うことで、短期間でも合格ラインを超える事が
可能となります。問題集の活用法は東大式記憶術介護福祉士試験一発合格脳プログラムで説明
していますし、メールサポートを活用することで分からない点を解決できます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ