【試験に役立つ左脳型速読術】右脳を使う方法は無意味

appli02_green

記憶量を引き上げたり、速読のための方法として、フォトリーディングをはじめとした手法が
提唱されていますが、その多くは右脳を鍛えて、書籍のページや暗記したいものをイメージと
して脳に取り込むスピードを向上させるというものです。

これらの方法は多量の情報を素早く処理できる驚異的なスキルとして注目されていることから
多くの人が実践しましたが、「誰でも無理なく習得できる」という触れ込みとは異なり、全く
成果が出ない人が続出
しました。

六法全書を短時間で読み込んで暗記するというケースがわかりやすいのですが、何と言っても
イメージできない、画像や映像にまとめられないという人が続出しています。

小説などであればイメージしやすい仕掛けがいたるところにありますが、無味乾燥な法律文や
数式、公式などを画像化するのは非常に困難です。

この手法で上達するには才能やセンスが求められますし、苦手意識を感じる人の場合には努力
しても全く伸びないのが原因です。

試験勉強にも不向きと言えるでしょう。

そこで、全くイメージをすることなく、文章や数式などを理解してインプットを行う「左脳型
速読術
」であれば、自動車の運転などと同じように、センスや才能がある人は有利だとしても
手順を知っていれば誰でもマスターできると指摘をするのは、学習法の研究開発を行っている
松平勝男さんです。

単に速く読めるようになるだけでなく、記憶として定着することから、記憶術としても使える
のが、左脳型速読術です。

この左脳をフル活用する速読法を身につけられるのが「試験に役立つ左脳型速読術」です。

1日3分程度のトレーニングを行うだけで、文章を読むスピードが2倍から10倍以上にまで速く
なりますし、簡単には忘れなくなってきますので、学習効率が劇的に向上します。

【詳細を開く】

このページの先頭へ