【Native English】1日6分で英語が話せるようになる?

appli02_green

1日6分、英語の音声を聞くだけで、
24日後には英語が話せるようになる
といわれても、とうてい信用できないのではないでしょうか?

今までに英語・英会話学習で苦しんできた経験が長いほど、そんな簡単なものではないことは
嫌というほど実感しているでしょうから、「Native English」で学ぶ必要はないと思ったか
もしれませんね。

しかし、Native Englishを実践した12000名以上が英語でネイティブと会話を楽しんでいる
と言ったら驚くのではないでしょうか?

その理由として、「Native English」を開発した、株式会社インフォファクトリーの木下昌英
さんは、以下の4点をあげています。

  • 毎日の会話で即使えるリアルな英語力が身につけられる
  • ネイティブが使っているナマの英語を学べる
  • スピーキングとリスニングを同時に上達できる音声
  • 対話をするのに欠かせない瞬発力・応用力が身につく

英語を正確に聞き取ることができなければ会話もできないということで、リスニングだけを
頑張ったり、会話ができないと意味がいないと思ってスピーキングだけに取り組む人も多い
ですが、どちらにしても片手落ちでしかありません。

相手の言うことがわからないのに一方的に会話しても、英会話以前にコミュニケーションと
して成り立ちませんので、せいぜい、英語で挨拶する程度しかできませんし、ひたすら英語
を聞いていても、自分で言いたいことが英語で出てこないというジレンマは解消されません
ので、相手からは会話もしないで黙っているおかしな人という印象を持たれるだけです。

なにも英会話だけの話ではなく、「傾聴」を勘違いしている口下手な人にも当てはまります
が、互いに言葉のやり取りがなければコミュニケーションは成り立たないのです。

そこで、Native Englishでは、リスニングとスピーキングの両方の能力を同時に引き上げる
独自のカリキュラムを採用していることから、短期間で一気に上達できるのです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ