【Universal Communication】コミュ障を解消する「3つのプロセス」

u-commu

>>公開は終了しました<<

あなたは、人付き合いが苦手なほうですか?

人見知りをしたり、見知らぬ人との会話が盛り上がらずに沈黙がちになるのが苦痛に感じている
かもしれません。

また、いつの間にか嫌われてしまって、集団から孤立したという経験をしたこともあるかもしれ
ませんね。

自分では普通にしているつもりでも、言語障害があるわけでもないのに、コミュニケーションが
上手く取れず、徐々に悪評が立って、周りから嫌われていくといった具合です。

自分の話が相手に思うように伝わらないストレスに耐えられない状況ではないでしょうか?

どうして、こんなことになったのでしょうか?

生まれつきの性格だから仕方がないと諦めているかもしれませんし、知り合いに相談しても全く
相手にされなかったり、それこそ、いじめや嫌がらせのターゲットに立候補したかのような結果
になることも珍しくありません。

井上祐介さんは、人間関係を構築するのに苦手意識を持つ根本的な原因として3つのポイントを
あげています。

  • 嫌われるのを極度に恐れる
  • 自意識過剰
  • 完璧主義

この3つのポイントを解消できる具体的な解決策は、話し方の本や教室、セミナーなどを見ても
全くと言っていいほど存在しなかった
と井上さんは言います。

解決策がない状況で改善しろという方が無理なわけですから、あなたが出口のない迷路に入って
しまったかのような絶望感しか感じないのも当然のことでしょう。

しかし、従来型のテクニック重視の「話し方」教室などで改善できなかったコミュ障を解決する
ための方法を井上さんは開発することに成功
しました。

それが、以下の3つのステップになります。

  • 心の扉を開ける(自己表現を行う)
  • 自分の中に柱を作る(自信をつける)
  • 柔軟な思考法を身に付ける(発想力を高める)

この程度の内容だったら話し方の本にも書いてあった
と思うかもしれませんが、この3ステップに関する具体策は書かれていましたか?

机上の空論や抽象論だったり、成功事例を無理に一般化したような真似をするのが不可能に近い
手順だったのではありませんか?

このページの先頭へ