【水泳ストリームライン改善プログラム】フォームを改善するには?

appli02_green

水泳でタイムが縮まらない、スピードアップしないという悩みを抱える人は少なくありません。
あなたも自己ベストを更新できずに苦労しているのではないでしょうか?

熱心に練習をしても実感が得られませんし、指導者からは全く成長していない思われますので、
日を追うごとに評価が下がり続ける
ことになりかねません。

これでは、大会に出場したいと思っても、指導者からは蔑んだ目で見られて、練習量を増やせと
罵声を浴びせられるだけで終わるでしょう。

中学や高校、大学などの水泳部であれば、いるだけ邪魔だし成長する兆しもないので、引退まで
雑用係をするか、さっさと辞めるように言われるかもしれませんね。

スイミングスクールであれば露骨に批判されることはないとしても、上達につながるアドバイス
を受けられないまま、レッスン時間が終わってしまうケースも珍しくありません。

東大教育学部附属中高一貫校教師で、東京都高校体育連盟水泳専門部常任委員の井口成明さんは
練習量を増やして努力をしてもタイムが縮まらない原因として「水の抵抗」をあげています。

この水の抵抗に打ち勝つために筋力を鍛えたり、抵抗を受けないフォームにするべく泳いでいる
とは思いますが、水泳指導の理論やメソッドというのは今でも進化が続いている分野です。

このため、旧態依然とした水泳理論を闇雲に信じて練習に取り組んでいても、現代の水泳理論を
学んで泳いでいる選手に全く追いつけないというケースは決して珍しくありません。

例えば、一昔前までは背中をしっかりと湾曲させることがベストなフォームとされていましたが
現在は腹部をまずはしっかり持ち上げることで、背中を湾曲させた場合よりも推進力がはるかに
大きいことが明らかになっていますので、最適なフォームもおのずと変わってきます。

キックやプルを鍛えるよりも、フォームを変える方が効果が大きく、一気に何秒も短縮できたと
いうケースが続出
しているのです。

この現代の水泳理論に基づいたフォームが学べるのが「水泳ストリームライン改善プログラム
です。
水の抵抗を受けないフォームを動画でマスターできます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ