【英語ぺらぺら君】単語やフレーズを覚えても使いこなせないのは?

appli02_green

英語が話せるようになるには、表現力を鍛える必要があるということで、英単語やイディオム、
フレーズなどを暗記
する人が少なくありません。

確かに、日本語でも同じことがいえますが、多くの語彙を覚えている方が豊かな表現ができます
し、TPOを間違った失礼な発言をする心配もなくなります。

しかし、言葉だけを大量に覚えた所で、必要なシーンで出てこなければ意味がありません。

あなたも、とっさに言葉が出てこなくなって、自分の言いたいことを思い通りに表現できずに、
悔しい思いをした経験があったかもしれませんね。

当然ながら、日本語だけで起こる現象ではなく、英語でも起こりますので、自分で言いたい表現
がスムーズに口から出るように日頃からトレーニングをしておく必要があります。

そのために役立つのが「クエッショニング」と指摘をするのは、英語講師の石井あきらさんです。

クエッショニングというのは、一問一答形式で英語で問いかけられた簡単な質問に対して瞬時に
英語で答えるという、ゲーム感覚で取り組めるトレーニングメソッドですが、頭のなかで考えて
答えを出す時間的余裕はありませんので、パッと思いつかないと答えは出せません。

最初のうちは全く答えられなくて当然ですが、同じ質問を何度も受けていると答えを暗記します
し、歴史や地理などとは異なり、正解が1個だけではありませんので別の答えも自然に出てくる
ようになると、特に意識をしないうちに英語脳が出来上がってくるわけです。

また、特に英会話を始めたばかりの時期には、英語で質問されることに対する恐怖感や不安感が
強い
わけですが、クエッショニングを続けていると英語に慣れてきますので、自然と負の感情も
消えていきます。

このクエッショニングを用いた英会話教材が「英語ぺらぺら君」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ