【ソフトボール上達革命】走攻守揃った選手になるためには?

appli02_green

ソフトボールで優れた野手になるためには、バッティングだけでなく走塁や守備も一定のレベル
を超える必要があります。

ソフトボールだと指名選手(DP)、守備専門(FP)、打撃専門(OPO)という制度があります
から、打撃や守備だけが秀でていれば良いという考え方もありますが、試合に出場するメンバー
を決めるのは監督やコーチなどの指導陣ですから、チーム内のライバルによっても異なりますが
一芸に秀でていたとしても、必ずしもレギュラーを取れるとは限りません。

それ以前に、現時点で、打撃も走塁も守備も平均以下というのであれば、まずは全てにおいての
レベルアップが欠かせません。

しかし、上達するためには練習が欠かせないことは当然だとしても、他人の2倍、3倍と練習量を
増やしたところで上達できないというのであれば、ソフトボールのセンスや才能がないと嘆く前
に、今の練習内容に問題がないかどうかを見直したほうがいいでしょう。

まったく上達につながらない練習に時間を浪費している可能性が高いですし、非効率な練習内容
で時間をかければ上達するだろうが、もっと効率的な練習方法が存在すると行ったケースも多い
ものです。
身体への負担が大きくなることで体を壊したり、選手生命を失うことになりかねません。

そこで役立つのが「ソフトボール上達革命」です。

東京女子体育大学保健体育学科で体育実技講師、ソフトボール部で部長・監督を務める佐藤理恵
さんが、

  • ソフトボールセンス
  • 効果的な体の使い方
  • 自己修正して実践していける知識

を身につけるために必要な知識や練習法を教えるDVD動画教材です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ