【卓球ジュニア選手育成プログラム】練習量だけでは解決できない!

appli02_green

上達したければ練習をする
のは当然だとしても、練習量を増やせば確実に上達するとは限らないというのが厄介な点です。

もちろん、運動音痴やセンス、才能がないので上達できないというネガティブな意味ではなく、
練習内容自体に問題があると、練習量を増やしたところで意味がなかったり、非効率過ぎて上達
できない
という結果になるわけです。

適切な練習をこなしていれば、とっくに上達できていないとおかしい人でも、練習内容に問題が
あると何一つ改善できていないという可能性は十分にありえます。

現在は指導員として後進を育成する加藤雅也さんは、現役時代には卓球世界選手権で日本代表に
なった実績もありますが、以下の3つのポイントを意識しながら日々の練習に取り組めば着実に
上達できると指摘します。

  • 正しい姿勢と体の使い方を覚える
  • 効果的な実戦練習法を知る
  • 「強さ」と「上手さ」の両方をもつ

その結果、

  • 多彩な回転を思うがままに繰り出す攻撃のテクニック
  • 競り合いに勝つための正しいスタンスとフットワーク
  • ミスで失点をしないレシーブ、ブロックなどの守りのテクニック

が身につけられると加藤さんは言いますが、これだけでは具体的な練習内容や取り組み方が理解
できないのではないでしょうか。

そこで、加藤さんからマンツーマンレッスンを受けている感覚で学べる「卓球ジュニア選手育成
プログラム
」が役立ちます。

DVD動画であなたの目の前で加藤さんが指導している感覚で見ることができますし、実際の指導
では難しいと思いますが、再生し直すだけで何度もくり返し同じことを教えてくれます。

1回教わっただけで全てを理解するのは無理ですから、2回、3回と同じことを聞くのは当然です
が、なぜか集中力が足りないとか、真面目に話を聞いていたのかなどと怒り出す指導者が少なく
ありませんので、何度も同じことを聞きたくても聞けないまま、同じミスを繰り返してはさらに
怒られるというケースが珍しくありません。

加藤さんが怒るタイプかどうかは知りませんが、DVDの中で繰り返し再生しても同じように説明
するだけですから、納得できるまで何度でも見直すことができます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ