【孤独にならないための友達の作り方】一人の中高年が増えている

appli02_green

若い頃は友人関係に恵まれていても、年齢を重ねるに従って一人ぼっちになっていく人が増えて
います。

もちろん、友達がすべて寿命を迎えて、自分だけが生き残っているというケースもありますが、
新たな人間関係を構築できずに、仕事が忙しくなる中で徐々に旧来の友人とは希薄になっていき
ますし、仕事関係の人脈は友人と呼べるようなものではありませんので、意識的に友人を新たに
作るなどの努力をしなければ、結局は孤立する結果になる
わけです。

定年退職後に気づく人も少なくありませんので、若いうちに人間関係が希薄だと感じているので
あれば、友人をいつでも作れるように努力をしておくといいですが、幼い頃から内気で人見知り
だったり、いじめにあった対人恐怖症などを発症していると、非常に難しい
ですよね。

会話コンサルタントの木多崇将さんのもとにも、友人が一人もいなくて孤独に悩まされていると
か、新たに人間関係を構築したいけど、不安や恐怖が強すぎて行動できない、何をやっても失敗
するので困っているなどといった相談が、毎日のように次々と寄せられています。

ほとんどの場合は、メンタル面での弱さを解消して、人間関係を全くのゼロから構築する順番を
学べば、自然と解決できる
わけですが、幼い頃から内気で人見知りだったり、いじめにあったり
して乳幼児の段階で身につけていなかった場合は、現状のままだと将来的にも期待できません。

新たに経験を積み重ねたり、学習するチャンスがないからです。

そこで役立つのが、本多さんが作成した「孤独にならないための友達の作り方」です。

  • 精神面の弱さを克服
  • 人間関係の構築の手順

という本来であれば、失敗を重ねた上で経験の中でしか身につけられない人間関係の構築方法を
音声教材で効率よく身につけることができます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ