注目!中原雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法とは?

appli02_green

バスケ部でレギュラーを狙いたいけど、今のレベルでは無理だと思って諦めていませんか?

時間があれば、ドリブルやパス、シュートなどの練習をしているけど、思い通りにボールを操る
ことができずに苦労しているかもしれません。

指導者から、まだまだ練習量が足りないから上達できないと言われて、一人で居残り練習をして
いたり、早朝や深夜、休日など、時間さえあればバスケットボールの練習に取り組んでいるとは
思いますが、上達した実感が得られないのではないでしょうか?

練習量を増やしても、期待していたほどには上達できないというのであれば、練習時間をさらに
増やそうとするよりも、練習内容を見直すほうが上達に直結
する場合が少なくありません。

練習さえすれば誰でも必ず上達できるというわけではなく、時間の無駄でしかない練習もあれば
極めて非効率な練習もあるからです。

専修大学ソアラーズ元監督で今はヘッドコーチを務める中原雄さんは、監督時代に初のインカレ
優勝に導くなどの手腕を発揮し、現役時代には日本トップレベルの選手と言われていました。
小学生から高校生まで幅広い世代の学生が参加するバスケットボールクリニックで何度か講師を
したところ、寄せられる質問の大半が「パス、ドリブル、シュートが上達できない」というもの
であり、詳しく聞いたところ、何の上達にもつながらない不毛な練習が長時間にわたって行って
いた実態
が明らかになりました。

そこで、短時間で効率よく上達できる練習法をバスケットボールクリニックで教えたところ高い
評価を得たわけですが、一人で1日30分程度で行える練習を数ヶ月取り組んだだけで成果が出る
という点が特に高評価となりました。

この練習法を、あなたも実践できるようにまとめたのが、「中原雄の一人でもできるバスケット
ボール上達練習法
」です。

最初から順番に実践するのではなく、上達したいスキルから優先的に取り組めるので、短期間で
一気に上達が実感できますし、まわりもあなたの急激な上達ぶりに驚くでしょう。

【詳細を開く】

このページの先頭へ