【前田幸長の強豪チームの作り方】スパルタや排除の論理は不要!

appli02_green

リトルリーグやボーイズリーグで素晴らしい成績を残している強豪チームが、どうして強いのか
あなたは、その理由を知っていますか?

そもそも、強豪チームだから実力のある小中学生しか採用されないので、スタート時点での戦力
が全く違うという意見もありますし、チームOBにプロ野球やアマチュア野球などの指導者や選手
が数多くいるので、寄付金などで財政面も潤沢なことから、優秀な指導者を確保して、充実した
練習環境が用意できるといったインフラ面でのメリットは思いつくのではないでしょうか。

高校野球強豪校へのスポーツ推薦を狙うために、監督やコーチのコネを使いたいと考える中学生
や小学生は数多くいますから、チーム内の競争も非常に激しく、使い物にならない選手はチーム
から追い出されるという「新陳代謝」と言う名の排除の論理も有効に機能しているわけです。

頭数を揃えるだけでも一苦労で、まともに練習ができる時間や場所は非常に限られているような
弱小チームとは比べるまでもありませんし、新陳代謝なんかしたらチームとして成り立たない
いうのが実情でしょう。

全国大会で優勝などとは全く考えたこともなく、体を動かせば十分だといったモチベーションの
低い選手も少なくない中、チーム強化をしようと考えれば考えるほど絶望感が広がっているかも
しれません。

しかし、元プロ野球選手の前田幸長さんが発足したボーイズリーグチーム「都筑中央ボーイズ
は、地域の小学生を寄せ集めただけの15名の体制からスタートしたのにも関わらず、2009年の
発足からわずか2年後に全国大会に出場し、2013年には優勝
したのです。

その原動力となったのが、超効率的な練習メニューと、実力が向上してチームワークが良くなる
ことでモチベーションが更に向上するという好循環が起こる仕組みを導入した点です。

マンネリ化した練習をダラダラと続けて、試合では負け続けるというのでは、全国大会に出よう
といったところで、絶対に無理といった空気が支配的になりますので、指導者だけが空回りする
ことになりかねませんが、強くなって試合に勝つという好循環が続くと、本当に全国に行けるの
ではといった希望が出ることから、日々の練習にも良い影響がでて更に実力も上がるのです。

この秘訣を漏らすことなく収録したのが「前田幸長の強豪チームの作り方」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ