【人を笑わせる会話術】他人に笑われる必要はない!

appli02_green

人気者は笑いを誘うのが上手だというイメージがつきものですし、人間関係を円滑化するために
「笑い」という要素は欠かせません。

他人を笑わせる
というと、大きく以下の2種類の方法があります。

  • 人に「笑われる」動きや会話をする
  • 人を「笑わせる」会話や動きをする

上の方法は、テレビのバラエティ番組などで見られるように、激辛食品を食べたり、熱湯風呂に
入るなど、普通ではやらないような馬鹿馬鹿しいことをやって笑いを取るスタイルであり、下の
方法は、大喜利や落語などのオチで「一本取られた」と納得した上で笑いを誘うスタイルです。

上の方法で他人を笑わせていると、あなたの人間的な評価が下がることになりかねません。
からかわれたり、いじられたり、蔑んだ目で見られるようになるからです。

その一方、下の方法は頭が賢くないとできないという知的なイメージを持たせられることから、
高く評価されるという点では正反対の結果になるわけです。

会話コンサルタントの木多崇将さんは、この人を「笑わせる」会話や動きをするために不可欠な
人を笑わせるための具体的な方法論を27種類見つけることに成功しました。

この27種類の方法論と、面白い話をする鉄板手法をまとめた「人を笑わせる会話術」を公開して
います。

もちろん、全ての方法をマスターしないと他人を笑わせることができないというわけではなく、
自分が気に入ったものから取り入れて実践できますし、さまざまなシチュエーションに活用でき
ますので、使いやすいものから実践するといいでしょう。

【詳細を開く】

このページの先頭へ