【7English】役に立たないフレーズ暗記は終わり!

appli02_green

英語や英会話で役に立たない学習法の一つとしてあげられるのが「フレーズ丸暗記」です。

たしかにフレーズを丸暗記すると勉強した気分になりますし、挨拶などの簡単なものであれば、
フレーズ通りに話をするだけでも通じますので、ネイティブとコミュニケーションが行えた気分
になるものです。

しかし、コミュニケーションというのは片方だけが一方的に話し続けるものではなく、相手との
言葉のキャッチボールですから、あなたが発言したフレーズに対して必ずといっていいほど反応
が来る
ものです。

この反応に対して何を言っているのか理解できなければ、コミュニケーションはココで終わって
しまいますし、フレーズ学習の問題点として、丸暗記したフレーズ以外は何を言っているのかが
わからないという状態になることから、結局は英会話ができずに挫折してしまうのです。

そこで、七田式教育法を創設した七田眞氏の学習法を応用した「7English」が役立ちます。

英語でコミュニケーションをとるためには、頭のなかで日本語と英語を翻訳している時間的余裕
はなく、瞬時に自分が言いたいことが英語で思い浮かばなければ会話自体が成り立ちません。

この問題を解決するためにフレーズを有効活用すればいいと指摘をするのは、7English開発者で
七田眞氏の子供に当たる七田厚さんです。

しかし、フレーズ学習の問題点に関しては最初に指摘した通りですから、いったい何が違うのか
と疑問を感じるのは当然でしょう。

日常生活のあらゆるケースに対応できるように大量のフレーズを暗記するというのは一つの方法
ですが、あまりに非現実的です。

七田さんはフレーズ学習と言って連想しがちな「文章を全て丸暗記」するのではなく、日常的な
英会話で使われることが多い60パターンを覚えれば十分だと言います。

点々となっている部分は、あなた自身で考える必要がありますが、全くのゼロから文章を考える
のと比べて、負担が圧倒的に少なくなる
ことがわかります。

その上、さまざまなシチュエーションで応用できることから暗記したフレーズが無駄にならない
のです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ