【アーリーオフェンスマニュアル】バスケットの主流戦術を未経験者でも指導できる!

ofense

appli02_green

現代のバスケットボールで主流となっている戦術が「アーリーオフェンス」です。

オフェンスとディフェンスの切り替えにスピード感が求められるバスケットボールにおいて、
単に速攻を仕掛けるだけではミスも増えますし、ボールを奪われて速攻を仕掛けられると大量
失点の引き金にしかなりません。

それこそ、全国大会で上位にいるようなトップレベルのチームと寄せ集めのチームが対戦した
時のように、「268-0」などといった悲惨な結果になるのです。

その一方、セットオフェンスのような従来型の戦術では攻撃回数が減りがちになることから、
なかなか点数が伸ばせないといった事にもなりかねません。

だからこそ、セットオフェンスと速攻の中間とも言える「アーリーオフェンス」が注目される
ようになっているのです。

しかし、どうやって、アーリーオフェンスを教えていけばいいのか、学んでいけばいいのかと
頭を悩ませているのではないでしょうか?

アーリーオフェンス自体は、習得するのは難しくないと言われていますが、今までに経験した
事がなければ必要以上に難しく感じるのも当然ですし、どうやって身につければいいのか想像
もつかないと思います。

そこで、バスケットボール指導で高く評価されている倉田伸司さんが、バスケットボール経験
が全くなくてもアーリーオフェンスをマスターすることができる練習法を、動画マニュアルに
まとめました。

それが「アーリーオフェンスマニュアル」です。

バスケットボール指導者だけでなく、学生や選手たちの日々の練習にも活用できます。

書籍のように文字と写真やイラストだけではわかりにくい動きも、動画で見ればひと目で理解
することができます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ