【バッティング大辞典】安全で確実にバッティングを上達するには「本質」を知ること

bat-dict

appli02_green

野球でピッチャーの投げるボールを、打ちたい時にいつでも打てるようになりたいと思った
ことはありませんか?

もちろん、全ての打席で打ちたいと思っても、打率や出塁率を100%で維持し続けるという
のは不可能だとしても、チャンスで打撃が回ってきてヒットや長打を打てるようになれば、
まわりからの評価は一気に変わってくるものです。

しかし、いくらバッティングの練習をしたり、体力や腕力、走力などを鍛えても、打てない
状態が続いている
のではありませんか?

練習量が不足しているからだ
と指導者から言われるばかりで、ひたすら素振りを続けても体を痛めただけといった結果に
なっているかもしれません。

また、「正しい」バッティングフォームとに矯正しようとしたり、バッティングを上達する
「何とか理論」に振り回されて、バッティングが上達するどころか、かえって混乱しただけ
という結果に終わったのではないでしょうか。

いずれにせよ、バッティングの本質から離れた知識や練習を続けても、上達するのは不可能
だと指摘をするのは日本野球教育会の若月大さんです。

日本野球教育会なんて聞いたことがないという人がほとんどだと思います。
そこで、日本野球教育会の概要をまとめた動画がありますので、まずは見てください。

胡散臭すぎると思ったかもしれませんが、わざとアンダーグラウンドらしく見せているだけ
であって、活動内容自体はいたって真面目です。

今回の場合であれば、バッティングで思い通りの成果を出すために必要なものは何かと若月
さんが検証を重ねた結果、バッティングの本質を知って、成果を出すための道筋を提示する
ことだ
という結論に達したといいます。

「バッティングの本質」をロクに知らない野球指導者があまりにも多いと、若月さんが憤る
わけですが、この現状が翌日は180度一気に変わるなんてことは不可能ですし、明日も今日
と同じように代わり映えしない現実が続くだけです。

だからこそ、あなた自身が「バッティングの本質」を知って、碌でもない野球指導者に振り
回されることなく、バッティングのレベルアップをはかっていく必要があります。

あなた自身に残された時間は限られているのですから、無駄な練習をしたり、不要な知識に
振り回されている余裕は一切ありません。

【詳細を開く】

このページの先頭へ