【内野守備・上達革命】エラーや判断ミスでの進塁や失点を防ぐ野球練習法

naiya

appli02_green

野球において「内野の守備」というのは非常に重要です。

外野の守備を軽視しても構わないという意味ではありませんが、内野の場合にはホームを守る
キャッチャーをはじめとして、各ホームを守る守備要員がおり、守備が甘いとアウトのはずが
エラーでセーフになる
といったケースがあるわけです。

ホームベースでエラーを出せば失点に直結しますし、ランナーがたまってくるとピッチャーに
とってもプレッシャーが強くなるものです。

ピッチャーがしっかりと抑えれば守備が甘くても問題ないといった考えを持つ監督やコーチは
誰一人もいないとは思いますが、どれだけ優秀なピッチャーであっても全試合を完璧に抑える
ことは不可能ですから、無駄な失点を減らすためには守備力アップが欠かせません。

しかし、日常の練習メニューだけでは中々守備が上達しないという人もいるでしょう。

あなたが選手であれば自分自身が当てはまるかもしれませんし、あなたが指導者であれば該当
する人物の名前が、何名か思い浮かんでくるかもしれません。

元プロ野球選手で、楽天と西武で内野守備走塁コーチを務めた経験があるというプロスポーツ
研究室の清家政和さんは、守備がうまい・下手には要因が存在すると説明します。

選手自身の才能やセンスといった話ではなく、動作をしっかりと身につけさせていないことが
問題であり、足りない選手には不足分を補うような練習メニューを指導者が用意する事が必要

だというわけです。

しっかりと習得させることもなく、スキルを身につけるのは本人任せといった態度では、選手
本人は練習に熱心に取り組んでいても、いつまでたっても上達することはないでしょう。

間違った努力を続けていても、自己満足に終わるだけで実力アップにはつながりません。
本人が気づいていないのであれば、指導者が気づかせる必要があるのです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ