【宅建強制合格コーチング】プロの宅建講師がペースメーカー!宅建試験合格への最短ルート

tkgokaku

>>公開は終了しました<<

資格学校で宅建を教えているプロの講師がペースメーカー役となって、あなたと一緒に宅建試験
合格までの最短距離をマンツーマンで進んでいけるのが「宅建強制合格コーチング」です。

といっても、宅建講師の松村保誠さんが、全ての宅建強制合格コーチング受講生と対面で学習を
進めていくというのは不可能です。

松村さんとあなたが、スカイプや電話で会話をしながら進めていくという流れになります。

松村さんは、資格学校で指導合格率80%超という驚異的な成績を叩き出すほどに実績があります
が、宅建の通信講座や学習法を教える教材の作成にも携わったものの、合格率は40%程度と教室
で教えた場合の半分にも満たない
という厳しい結果に終わったといいます。

別に、通信講座や学習法の出来が悪いというわけではなく、あなたも経験があるかもしれません
が、宅建の試験日まで受講生のモチベーションが続かないという問題のほうが大きかったと松村
さんは問題点を分析しています。

最初は宅建に合格したいとやる気に満ち溢れていても、1週間、1ヶ月と時間がたつほどに勉強を
する時間も少なくなって、試験前になって今から勉強しても間に合わないから、「また次回」と
言って諦めてしまうといった経験は、あなたもしたことがあるのではないでしょうか?

だからこそ、遠隔地で行う教育でありながら、資格学校と同じ程度の高い成果を出すための方法
として「スカイプや電話を使ったコーチング」という対策
を松村さんは用意したのです。

「宅建強制合格コーチング」では、進捗が悪かった時に松村さんが説教をするというのではなく
あなたにあった学習法の提案やスケジューリングの相談という具合に、個人の状況にあった最適
なアドバイスを松村さんが行います。

しかし、スカイプや電話を使うことで対面と比べて多くの人のコーチングが行えるとはいっても
松村さん一人で対応するわけですから、人数的に限界があります。

このため、「宅建強制合格コーチング」では50名程度という定員が用意されており、先着順受付
ですから早い者勝ち
です。

迷っていると満員になって受付終了といったことにもなりかねません。

また、宅建試験日は動きませんから、逆算して考えた結果、宅建強制合格コーチングは4月の開始
となり、言うまでもなく、受付締め切りはそれ以前となります。

定員に満たなかった場合でも途中参加はできません。
決断は早めにしないと、あとから後悔しても手遅れです。

このページの先頭へ