【保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」】不合格者の多い科目を徹底攻略!

hoikusi

appli02_green

保育士試験において、不合格者を多数輩出する科目というのは決まっているものです。

もちろん、年によって突発的に合格率が極端に低くなる科目もありますが、毎年のように合格
率が低い科目というのもあるわけです。

当然ながら不合格者の多い科目は再受験者も増えますので、試験会場が満員に近い状態になる
科目もあれば、試験会場がガラガラに近い状態になる科目もあるわけです。

試験会場の教室が混みあう科目としては「子どもの食と栄養」や「教育原理及び社会的養護
あたりが有名ですが、どちらも保育士試験の中では難関科目として知られています。

「子どもの食と栄養」の科目では、旧試験区分の小児栄養の頃から「日本人の食事摂取基準
からの出題が多いだけでなく、重箱の隅をつつくかのように非常に細かな範囲まで問われる事
から、記憶があやふやだと正解にたどり着けないという点が厄介です。

また、「日本人の食事摂取基準」だけでは合格ラインに到達することは出来ず、栄養素や日本
食品標準成分表、食に関する各種法規や「授乳・離乳の支援ガイド」といった具合に多くの事
を覚える必要があります。

最近は「授乳・離乳の支援ガイド」からの出題が増加する傾向にありますし、「日本人の食事
摂取基準」も定番ですから見逃せません。

今まで以上にしっかりと理解しておかないと正解するのは困難です。

そこで役立つのが、保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」です。

⇒保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」教材サンプル1
⇒保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」教材サンプル2
⇒保育士試験科目別リベンジセット「子どもの食と栄養」教材サンプル3

重要ポイントを効率良く学習できる「ポイント集」と、問題演習に役立つ「予想問題集」だけ
でなく、食事摂取基準や授乳・離乳支援ガイドなどの多数の資料から出題可能性の高い範囲に
絞り込んだ「栄養に関する各種資料ダイジェスト版」がセットになっています。

保育士試験科目別リベンジセットでは期間・回数無制限のメールサポートがついています。

通信講座では費用が高くて敷居が高いという人でも、保育士試験科目別リベンジセットを使う
ことで通信講座の感覚で学習が行えます。

【詳細を開く】

お知らせ

保育士試験科目別リベンジセットは、あなたが必要な科目だけを選んで受講できます。
それぞれの試験科目の詳細は、各リンクよりチェックしてください。

⇒社会的養護
⇒こどもの食と栄養
⇒教育原理
⇒保育実習理論
⇒社会福祉
⇒子どもの保健
⇒保育の心理学
⇒児童家庭福祉
⇒保育原理

また、補助教材も必要に応じて使用すれば、試験対策が更に充実します。

⇒保育所保育指針完全マスター穴埋め123問
⇒社会的養護一問一答200問
⇒子どもの食と栄養 一問一答200問
⇒教育原理一問一答200問

このページの先頭へ