【武田塾大学受験インターネットスタジオコース】ustream生放送とメールで「ほぼ通学」

take-stu

appli02_green

東京御茶ノ水をはじめとして関東を中心に教室を設置している「武田塾」といえば、
「授業をしない塾!」というキャッチフレーズが有名です。

授業をしないのにもかかわらず、E判定から志望校に次々と合格するという数多くの実績が
武田塾には存在します。

名前が書ければ合格できるFラン大学や、少し勉強すれば合格できるような大学ではなく、
難関大学の医歯薬学部や、慶応、早稲田など全国の難関私立、駅弁大学から旧帝大と幅広い
実績です。

いったいどうやって学力を上げているのか疑問を感じている人もいるかもしれません。
その答えは「自学自習」、つまり自習ですね。

自習するなら学習塾なんて必要ない
と思うのは優等生の皆さんだけです。

確かに自宅などで自習をするのであれば、学習塾の講師や家庭教師などの教える人は不要と
言えますが、ペースメーカー役のコーチという位置づけの人がいないと、自習のスピードや
ペースをつかむことは、特に劣等生にとっては不可能に近い
でしょう。

また、自習をしている間に分からないことや質問をしたいことが出てくることも珍しくあり
ません。

一人で勉強していると分からないことが出てきて勉強が進まなくなり、嫌気をさして止めて
しまうといった流れになることは頻繁にあるでしょうから、個別指導のような先生役がいる
ほうが何かと便利なわけです。

自習で学力をアップさせることができる「優等生」は、この勉強の流れを身につけています
から、一人で勉強して分からないことは学校や塾の先生に質問して解決することで、自然と
優等生の地位を確保しているというわけです。

勉強を教えるのではなく、この優等生の学習習慣を身につけるためにあるのが「武田塾」と
いうわけです。

しかし、関東を中心に教室があるわけですから、関西、九州や沖縄、北海道など遠方の人が
武田塾に通いたくても難しいというのが実情
です。

飛行機や新幹線などを使って遠方から通ってくる学生もいるそうですが、資金的に難しいと
いう人がほとんどでしょう。

そこで「武田塾大学受験インターネットスタジオコース」が役立ちます。

【詳細を開く】

このページの先頭へ