【ドクターブレイン】暗記するより理解度を高めて合格直結!身につく速読術

drbrain

>>公開は終了しました<<

難関資格試験になるほどに覚えなければいけない項目が増えるだけでなく、その内容も複雑化
するというのが一般的です。

その上、単に丸暗記しただけでは役に立たず、その意味を理解して使いこなせるようになると
いる必要があるために、膨大な時間をかけて覚えても身につかないというジレンマに陥るわけ
です。

記憶術や暗記術を使えば短時間で大量の単語や文章を覚えられるからといって取り組んでも、
ほとんど効果が得られないというのは、その暗記術や記憶術自体が使いものにならないという
のもありますが、覚えただけで使いこなせるレベルに到達していない場合も多いのです。

記憶術を使った結果、頭の中にイメージ画像や単語帳の構築に成功したとしても、その脳内に
ある画像や単語帳を活用できなければ意味がありません。

これは速読でも同じです。
単純に速く読みたいというだけであれば、流し読みすればいいのです。

気になる単語や画像だけをイメージ化して覚えていけば、全てを読なくても書かれている内容
をぼんやりとイメージすることはできますし、書籍に書かれている内容とのズレは大きくない
でしょう。

フォトリーディングなどの速読術も、この流し読みと同じ発想で考えられたものです。
本の内容を次々とイメージ化し、あなたの頭の中で文章に復元するという流れになります。

しかし、これでは一言一句の細かな内容までが必要になることも珍しくない、資格試験の勉強
としては役に立ちません。

イメージ化するのはいいとしても、正確に文章に復元できる能力も求められるのです。
同時に理解力を高める必要があることは言うまでもありません。

速読術を資格試験に活用しようと思えば、幅広い能力を高める必要があるわけですが、意外に
知られていない盲点になっている
ようです。

そこで役立つのが「ドクターブレイン」です。

このページの先頭へ