【川村明宏のジニアス速読法】120万人がマスター!特許技術を用いた速読術

g-sokdok

appli02_green

速読術や速読法を身につけたいと思っても、「本を速く読める」というだけでは意味が無い
ことは言うまでもありません。

あなたを含めた多くの人にとって、多くの書籍を読むこと自体が目的ではないからです。

あくまでも、本に書かれた内容を短時間でインプットして使えるようになりたいというのが
目的ではないでしょうか?

司法試験や不動産鑑定士試験などでは膨大な量の知識を身につけて使いこなせるようになる
必要があります。

学校の試験の感覚で暗記をしていたら一生かかっても終わらないくらいの量ですから、効率
よく勉強したいと思うのであれば、速読をした上で同じスピードで理解して頭の中に定着を
する必要がある
わけです。

単純に暗記をするだけでは、覚えた知識を自由自在に使いこなせるようにはなりませんから
論文や文章形式での解答が求められる試験などでは単語帳や一問一答形式のようなスタイル
での暗記は一切通用しません。

この「速読」と「高速理解」を両立できる速読法を、日本速読研究会の川村明宏さんが開発
しました。

それが「川村明宏のジニアス速読法」です。

ジニアス速読法は複数の特許技術を元にして開発された手法であり、世界で120万人以上が
マスターして、高い効果を出しています。

個人差はありますが、読書スピードは平均の3倍~10倍程度にまで速くなります。
1分あたり2000文字~5000文字といったスピードになります。

ジニアス速読法をマスターすると、本が速く読めるようになるだけでなく、理解力も劇的に
向上します。

少し先のことを予測するスキルも劇的に高めることができますから、スポーツなどで相手の
動きが遅く感じられるようになる
などといったメリットも得られます。

ジニアス速読法を身につけるにあたって、従来の速読術のように意味不明なトレーニングや
長時間にわたる特殊な訓練を受ける必要はいっさいありません。

1日数分程度を使って、簡単なゲームで遊ぶだけです。
このゲームは年齢に関係なく楽しめる内容です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ