【古武術バスケ】アーリーオフェンスを粉砕する鉄壁のディフェンスが作れる

ofence

appli02_green

現代のバスケットボールではアーリーオフェンスが主流になっていることから、オフェンスと
ディフェンスの切り替えを迅速化できなければ、なかなか試合で勝つことができません。

アーリーオフェンスができるようになれば攻撃回数は増やせますが、その分だけディフェンス
が弱体化しては意味が無いのです。

だからこそ、失点を減らすためにディフェンスの強化が欠かせないわけですが、オフェンスを
重視するあまり、ディフェンスまで十分に練習ができていないというケースが多いのではない
でしょうか?

また、普通に練習をしていても、なかなかディフェンス力が向上せずに頭を抱えているのでは
ないでしょうか。

単純に練習量を増やしたところで、必ずしもディフェンスが上達するとは限らないからです。

今のディフェンスが抱えている問題点を解消できるような練習メニューでない限り、反復練習
などを続けていても上達に直結しないのです。

いくら指導者が問題点を指摘し続けても改善しませんから、選手の方もやる気を失いますし、
指導者がいくらケツを叩いても上達せずに頭を抱えるという不幸な結果になるだけです。

そこで、桐朋学園バスケットボール部監督の金田伸夫さんが考案した「古武術バスケ」が役に
立ちます。

古武術バスケは、バスケットボールのディフェンスに特化した教材です。

どのような内容なのか、一部を動画でチェックしてみましょう。

ちょっとした指導のコツや体の使い方を身に付ければ、いままで、長時間練習を続けていても
全く上達しなかったのが嘘のように感じられるものです。

古武術バスケでは、金田さんが桐朋学園で教えているディフェンス指導を出し惜しみなく全て
明らかにしています。

【詳細を開く】

このページの先頭へ