【宮口式記憶術】1日15分4週間でマスターできて忘れない

miyaguti

>>公開は終了しました<<

宮口式記憶術に限らず、「記憶術」というのは今までにも色々なものが存在していました。

あなたも今までにマスターしようとトレーニングをしてみたものの、全くマスターできなかった
という経験をしたことがあるかもしれません。

宮口式記憶術は、従来から存在するような「記憶力を増強させる」事だけを目的とした古典的な
記憶術ではなく、「試験に合格する」という現代の目的に特化した記憶術です。

単純に頭の中に覚えているというだけでは、現代では全く通用しません。

知識を記憶して蓄積するというだけでは、それこそ、コンピュータのほうが人間よりもはるかに
上回る能力を持っているからです。

しかし、試験ではコンピュータの持ち込みが認められていないケースが大半なんだから、知識を
記憶することに意味があるのではないかといった疑問を持っているかもしれませんね。

とはいえ、従来の記憶術では円周率を1000桁、10000桁覚えるとか、国旗や国の首都を覚える
といった具合に、知識を増やすことだけが目的となっており、学校の定期テストや難易度の低い
資格試験では通用するかもしれませんが、難関資格や難関校の受験では役に立ちません。

知識を問うだけの問題が出題されることは少なく、知識を活用した上で思考を行う問題が一般的
だからです。

だからこそ、宮口式記憶術は古典的な記憶術とは異なり「試験に合格する」という現代の目的に
特化しているというわけです。

このページの先頭へ