お父さんもOK!我が子の中学受験を成功に導くための「お母さんのためのワークブック」

chugaku

appli02_green

小学校受験で失敗して仕方なく区市町村立小学校に通っていたり、地元の公立中学校に通学を
させたら、学力や人格形成にとってマイナスになるとしか思えない地域というのは存在します
から、是非とも国立・私立中学校に我が子を通わせたいと思っているのではないでしょうか?

同じ公立でも、過疎地で見られるような単なる併設ではなく、大学受験を見据えた中高一貫校
であれば狙い目といえるでしょうが、試験に合格しなければ通学することはできません。

小学校と同じく中学校も義務教育ですから、受験に失敗しても浪人することはできず、地元の
公立中学校に通うという選択肢しか残されていません。

せいぜい、引っ越しをして住民票を移すなどして、比較的なマシな公立中学校に通うといった
選択ができる程度でしょう。

小学校と比べても中学校の場合は不良化リスクが高まりますから、子どもの今後の人生という
点で考えれば大きな差が生まれる3年間
といえます。

あなたは高校受験でリベンジさせようと思っていても、子供が中学校でグレてしまっては話に
なりません。

しかし、学習塾に任せれば安心といった考え方では失敗する可能性が高まることは言うまでも
ありませんが、どのようにして国立・私立中学校、もしくは受験型の中高一貫校に合格できる
レベルにまで子供の学力を高めていけばいいのでしょうか?

中学受験サポートセンターの宗内隆明さんは、家庭教師であり、パーソナルコーチングを行う
花岡司さんに着目しました。

親の不適切な言動によって学習意欲を失わせたり、将来を潰される子供たちを数多く見てきた
という花岡さんは、親の言動が子供の将来を大きく左右するという点に着目しました。

つまり、「あなた」と「あなたのお子さん」との関係によって大きく左右されるのです。

もちろん、あなたが家庭教師になり子供を教えるという意味ではなく、会社の管理職のように
目標管理を徹底させるだけの役割というのでも不十分です。

あなたとお子さんがともに人間的に成長するという考えで取り組む必要があるのです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ