【旅行案内英会話】来日する外国人相手に英語でコミュニケーションを取るための講座

trveng

>>公開は終了しました<<

日本にやってくる外国人観光客の数が増えています。

少し前まで、来日する外国人といえば、韓国人や中国人が定番でしたが、福岡では福岡空港や
博多港国際ターミナルから、韓国国内では営業が禁止されているパチンコ屋に直行するという
韓国人は相変わらず減っていないようですが、全体的に東南アジア系が増えている印象です。

統計データを見ても、政治情勢や経済状況の悪化から韓国人、中国人の来日が減少しており、
経済成長が続いている東南アジアや南アジア、円安傾向で欧米からの観光客が増加していると
いう状況です。

このため、ハングルや中国語を使っていた人でも、代わりに英語を使うシーンが増えていると
観光地などで聞かれるようになりました。

しかし、日本人の英語オンチは世界的に見ても飛び抜けていますから、急に話しかけられても
なかなか対応できない
のではないでしょうか?

観光地の店舗経営者や飲食店などでは、定例的な英語の文章は講習会などで学習しているとは
思いますが、雑談となると難しく感じるかもしれません。

英語教材や語学スクールに通っても中々上達しないので、自らの頭の悪さを痛感したという人
もいるのではないでしょうか?

実際には、あなたの頭の出来というよりは、講師の教え方や教材の質が低すぎるのが原因です
が、大半の教材や学校のレベルが低い状況だと、この現状に気づくだけでも一苦労と言わざる
を得ません。

そこで、千葉県松戸市にある語学スクール「スプラウトアカデミー」の飯川慶さんが、現在の
英語教育のひどい状況を改善するために、外国人旅行客と英語でコミュニケーションを取ると
いう点に特化した講座を新たに開設
しました。

それが「旅行案内英会話」です。

松戸市に定期的に通える人であれば飯川さんから対面で指導を受けられますし、遠方の人でも
Facebookのビデオチャット機能を利用してリアルタイムで指導を受けられます。

授業回数は1ヶ月あたり8回です。

このページの先頭へ