【都立中高一貫校満点作文講座】30日で満点答案を作成できるようになる

sakubun

>>公開は終了しました<<

東京都立中高一貫校は、難関私立中学受験生の併願に使われるケースが増えていることもあって
入学生の学力レベルの高さは折り紙つきです。

東京都立中高一貫校の場合、私立中学校のように一部の生徒だけが高レベルではなく、全体的に
生徒の学力レベルが高いのが特徴です。

入学後の生徒間の競争が激しくなる傾向はあるとしても、教師にも高いレベルが求められるため
に、公立中学につきものの学校の授業よりも組合活動のほうを重要視する勘違い教師や、生徒の
人生を壊すような妙な教師に出会う確率も低いといえるでしょう。

しかし、その分だけ「適性検査」という名の入学試験も狭き関門となっています。

その上、一般的な私立中学校入試などとは異なり、「作文」が中心という出題形式も試験対策を
難しくしています。

そこで、「センター試験でた順シリーズ」という大学受験関連の参考書を発行している、Book&
Books株式会社の丸山良国さんが、東京都立中高一貫校の適性検査の中でも重要なファクターで
ある作文問題に特化した学習教材を作成しました。

それが「都立中高一貫校満点作文講座」です。
わずか30日間で満点が狙える答案を作成できるレベルに到達できるという教材です。

1日あたり最長1時間程度の課題が30回分用意されています。

添削問題も3問用意されていますし、わからないことがあればメールサポートが受けられますので
参考書などのように疑問を疑問のまま放置することなく、その場で解決することができます。

都立中高一貫校の作文問題に対応した学習塾の講座や学習教材も出てきていますが、丸山さんに
よると、全く「試験対策」と呼べるようなシロモノではないと酷評しています。

このページの先頭へ