【行政書士試験「裏の取れた合格設計書」】出鱈目でがむしゃらな勉強は合格から遠のくだけ

uragyose

appli02_green

行政書士試験は合格するのが難しい難関資格の一つです。
あなたも、何度も不合格になっているかもしれません。

いくら勉強しても、合格に自信が持てない状況が続いていませんか?

行政書士試験にかぎらず、難関資格試験では珍しくない光景ですが、不安を紛らわすために
がむしゃらに勉強を続けて、一つでも知識を増やさなければいけないといった強迫観念さえ
抱いているかもしれませんね。

勉強をしていて、あなたが知らなかった知識であるとか、一度勉強したけどすっかり忘れて
いた知識が出てきたりすると、ショックを受けて今回で完璧に覚えようとするといった事を
延々と繰り返していると思います。

しかし、このような勉強法を続けていても、合格できる確率はゼロに近いのです。

それでは、どのような勉強をすれば行政書士試験に合格できるのでしょうか?

結論を言えば簡単です。

行政書士試験に合格した人の勉強法を猿真似するというのは、その人の素質によって大きく
結果が変わりますからダメですが、参考にして、使えるところを使い倒せばいいのです。

逆に言えば、不合格者がやっていることを、どんどん取り除いていったらいいのです。
こちらの方が簡単に思えてくるのは、あなた自身が失敗経験が豊富にあるからでしょう。

あなた自身で試行錯誤をするのもいいですが、合格者と不合格者の学習法を研究するという
のは時間の無駄ですから、そんなことをしている暇があったら行政書士試験の勉強に集中を
したいというのが本音でしょう。

そこで、あなたに代わって調査をした人がまとめたレポートが役立ちます。
行政書士試験「裏の取れた合格設計書」です。

あなたが持ってる少ない知識を最大限に活用する「過程」を身につけていれば、本番の試験
で点数にできる
ことは意外に知られていない盲点です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ