【花と庭の写真講座】デジタル一眼レフカメラで思い通りの撮影ができる

Web

>>公開は終了しました<<

一眼レフカメラは、撮影者のスキルが画像に直結すると言っても過言ではありません。

適切なレンズを使い、しっかりと設定をした上で、被写体をしっかりと強調するように撮影する
ことで、はじめて最高の一枚が取れるのです。

普通のデジカメのように全て機械任せというのでは、一眼レフカメラを使う必要がありません。

このため、一眼レフカメラを使いこなすのは難しいと感じるわけですが、マスターしてしまえば
機械任せのデジカメでは不可能な撮影が可能になる
のです。

あなたも、このような素晴らしい写真を撮りたいと思ってデジタル一眼レフカメラを買ったかも
しれませんが、なかなか使いこなせずに苦労しているのではないでしょうか?

デジタル一眼レフカメラの機能を覚えるだけでも一苦労な上に、言葉の意味がわかっても、どう
設定すれば最高の画質になるのかわからずに、試行錯誤を続けているという状態かもしれません
ね。

デジタル一眼レフカメラは使えるようになっても、ワンパターンな撮影スタイルしかできずに、
インパクトのある写真が撮影できないといった人もいるでしょう。

写真家の福岡将之さんは、植物を撮影する際には太陽光などの自然光を活用することが重要だと
指摘をしています。

特に、花や庭を撮影する際には、人物や建物などをターゲットにする時とは異なるテクニックが
求められます。

しかし、難しい技術や知識がなければ素晴らしい写真が取れないというわけではなく、基本的な
ことさえ身につけてしまえば、あなたの感性によって決まる
と言ってもいいでしょう。

感性と言ってしまうと、センスや才能がないと無理だと早合点するかもしれませんので使いたく
ない単語なのですが、センスのない人は努力をするだけ無駄だというのではなく、あなたが最も
素晴らしいと思った花や庭を思い通りに撮影できるようになる
という意味での「感性」です。

くれぐれも誤解しないように注意が必要です。

このページの先頭へ