【バルクアップ マニュアル】本気で筋肉を発達できる本質を知ることが重要

bulkup

appli02_green

筋肉を増やすためには筋トレをすればいいと短絡的に思っていませんか?

もちろん、運動もしないで怠惰な生活を送ったところで筋肉が成長するわけはありませんから
体を動かす必要があることは当然だとしても、ジムに通って筋トレをすれば自動的に筋肉質な
体になると考えているのであれば間違い
です。

しかし、ジムなんかに通わなくても自宅でダンベルを持って体を動かせばいいといったような
小手先の話をしているのではなく、筋肉が増えるメカニズムを正確に理解しないままに手法を
探し求めていても意味が無い
という話をしています。

あなたもすでに知っている事かもしれませんが、筋肉を痛めつけるだけでなく休ませて育てる
必要があります。

休む暇もなく筋肉を痛め続けていると肉離れを起こしかねませんし、筋肉だけでなく疲労骨折
や関節炎などの怪我や病気なども発症する可能性があります。

しかし、筋肉が育つようにプロテインはかかさず摂取し、傷んだ筋肉を休ませるために筋トレ
するのは2日に1回と決めたのにも関わらず、いつまでたっても筋肉が育たないといって悩んで
いませんか?

「筋肉が増えるメカニズム」を正確に正しく理解しないままに、断片的な知識を寄せ集めて、
あたかも一つの筋が通った理論であるかのように勘違いした結果だと言えるでしょう。

中途半端な知識が逆効果になるケースというのは、筋肉の成長だけに限らず、数多くの分野で
発生する現象です。

それでは、「筋肉発達の本質」とはいったいなんでしょうか?

  • トレーニング
  • 栄養摂取
  • 休養

という3つの観点であることは間違いありませんが、断片的な知識を寄せ集めたところで役に
立たないという話は先ほど行ったとおりです。

筋トレの専門書やマニュアル、Webサイトなどを見ても、単純なことしか書かれていない上に
断片的なことを書き散らかしているだけで役に立たない
と切り捨てるのはキングさんです。

キングさんは筋トレ歴12年のベテランで、数多くの人の筋肉増強の悩みを解消しました。

【詳細を開く】

このページの先頭へ