【一発試験必勝合格マニュアル】自動車免許技能試験に合格できない理由がわかる

1patu

appli02_green

オートマ限定、限定なしに限らず、タクシーやハイヤーなどではなく、自家用車向けの第1種
中型免許を取得しようと思えば、多くの人は自動車教習所に通うと思います。

もちろん、免許の不要なレース場内などでレーサーとして運転した経験があったり、免許取消
処分を受けて欠格期間が過ぎたというケースや、更新できずに失効させたので再度運転免許を
取得したいのであれば、技能試験を受けたいと考えるのではないでしょうか?

技能試験に少ない回数で合格できれば、教習所に通うよりも費用や日数を大幅に削減できます
が、10回、20回と受験しても合格できないという人も少なくないのが現実です。

技能試験を何回受けても不合格なので、仕方なく教習所に通うことにして、時間と費用を浪費
したという人は珍しくありません。

この自動車免許の技能試験に関して言えば、さまざまな憶測や噂ばかりが広まっているという
のが実情ですが、正確に試験制度を理解できているのは試験官ぐらいという状況です。

受験生が技能試験のポイントも理解しないままに受験しているわけですから、合格率が低いと
いうのも当然
と言えるかもしれません。

入学試験や資格試験では、当然のように傾向と対策を理解して、受験勉強を行っているのにも
かかわらず、どうして技能試験では同じように試験対策を行わないのでしょうか?

その答えは簡単で、技能試験のポイントを教える人や学習教材が皆無だからです。
(学科試験に関して言えば、書店に行けば山のように置いてますから省略します)
道交法のとおりに運転すれば合格できるといった無意味なアドバイス程度でしょう。

これらのアドバイスが全く具体性に欠けることから、技能試験では全く役に立たないのです。

技能試験の試験官や教習所の指導員になるための訓練所に行けば、技能試験の基準などは情報
公開されていますが、この訓練施設がどこにあるのかさえ知らない人がほとんどでしょう。

また、この基準は法律用語が満載ですから理解するのは難しいのではないでしょうか。

訓練所では教官が指導をすることで、試験官や指導員の候補生たちも理解できますが、文書を
読んだだけではイメージしづらいと思います。

そこで、一発試験必勝合格テクニック研究所の藤冨雅則さんが、この難解な技能試験の基準を
一般人でも分かりやすく理解できるように翻訳した上で、技能試験に一発合格するために必要
なポイントをまとめたマニュアルを作成
しました。

それが「一発試験必勝合格マニュアル」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ