【ロングドライブプログラム】やはり遠くまでボールを飛ばすのがゴルファーの夢

l-drive

appli02_green

ゴルフでスコアアップをするためには、飛距離よりもスコアメイクの方が重要だと指摘をする
プロゴルファーやティーティングコーチ、ゴルフ指導者が少なくありません。

短絡的に遠くまでボールを飛ばせばいいといった考えは愚か者のすることだといった言い方で
切り捨てるゴルフ指導者もいます。

しかし、200ヤードまで飛ばすのが限界という人がコースをまわるのと、300ヤードは飛ばす
ことができる人がコースをまわるのとでは、どちらのほうが各ホールで行える戦略や戦術の
選択肢が広いかといえば明らかでしょう。

遠くまで飛ばせる実力がある人は、必ず全力で遠くまでボールを飛ばさなくてはいけないと
いった決まりはありませんから、300ヤード飛ばせる人がホール特性を考えて200ヤード程度
で刻んでおくという選択肢があるわけです。

200ヤードしか飛ばせない人であれば全力で打つしかありませんから、どうしてもミスが出る
可能性がありますし、なにより精神的な余裕がありません。

スコアメイクを考えれば150ヤードあたりで刻むといった方法もありますが、スコアアップに
直結しないだけに、やはり遠くに飛ばせるようになりたいといった願望が湧いてくるのは当然
だと言えるでしょう。

さて、飛距離を伸ばそうと思ったら、腕の筋肉を鍛えてヘッドスピードを上げるのが一番だと
思っていませんか?

ツアープロコーチの植村啓太さんは、ヘッドスピードを上げることだけが飛距離を伸ばす方法
ではないと指摘をします。

飛距離を伸ばしたいからといって大振りや無茶振りをすると、どうしても無駄やムラが大きく
なりますから、その分だけマイナスになっていることを忘れてはいけません。

つまり、ヘッドスピードを上げようとするよりも先にスイングのロスを減らしたほうが結果と
しては飛距離が伸ばせるのですが、意外に気づかれていない盲点になっています。

スイングのロスを減らせばヘッドスピードが40キロもない女性であっても250ヤードを飛ばす
ことは可能になると、植村さんは言います。

【詳細を開く】

このページの先頭へ