【キッズベースボールドリームナビⅡ】昔の出鱈目な野球指導を子供に押し付けるな

kidsbs

appli02_green

往々にして、自分が学んだことや経験したことは全て正しいといった具合に誤解しがちですが
たとえ学校で学んだからといっても、今では間違っている場合も珍しくありません。

例えば、真夏でも「運動中に水を飲むな」と言った体育会部活動の指導が典型的でしょう。

水を飲むと身体がバテるからと言った理由でしたが、その根拠はいっさいありません。
あくまでも精神論の一つです。

水分摂取を禁止するような指導を行い、生徒が熱中症で死んでしまったら犯罪者扱いされても
おかしくありませんし、現代は当然のように遺族からは賠償責任を問われる時代です。

それが一昔前であれば、本人の「虚弱体質」が原因で死んだんだから、知ったこっちゃないと
いった具合に無視されますし、損害賠償を訴えたところで遺族はカネ目当ての守銭奴なのかと
村八分の激しいバッシングにさらされるといったのが日常の現象でした。

科学の進歩によって真逆の指導が行われるようになったわけですが、少年野球の世界でも同じ
ような間違った「常識」が蔓延
しています。

さすがに、現代で夏場の練習中に水を一滴も飲むなと檄を飛ばす野球指導者はいなくなったと
思いますが、技術指導となると間違いだらけというのが実態です。

別に指導者が嘘を教えたくて教えているわけではなくて、その指導者が学んだ時点では正しい
技術だったものが、その後のスポーツ科学の進歩などにともなって、明らかに間違いだと判明
したのにも関わらず学ぶ機会が一切なかったために起こっている「悲劇」
です。

そろそろ現代の正しい野球技術に知識をアップデートして、正しい指導を行いませんか?

というのが、「キッズベースボールドリームナビ」少年野球塾の西森寛さんです。

確かに強豪チームであれば、現代の野球理論を取り入れた指導が行われているところも多いの
ですが、それ以外となると、野球指導者のスキル不足どころか、数自体が足りずに全くの野球
未経験者が指導をするといったチームも少なくありません。

あなたも、そのようなチームで指導を任せられて頭を抱えているのではないでしょうか。
そこで役立つのが「キッズベースボールドリームナビⅡ」です。

【詳細を開く】

このページの先頭へ