タイムリミットは小学3年生!難関大学合格に必要な土台を作る方法

yutosei

>>公開は終了しました<<

東大、京大を始めとした難関大学に合格しようと思ったら、高校生、浪人生になってから受験
勉強を始めても間に合わないケースが珍しくありません。

もちろん、ドラゴン桜のように全く不可能と言うつもりはありませんが、宝くじで高額当選を
するぐらいの幸運もないと、難しいのではないでしょうか。

やはり、優等生を小さい頃から続けてきたほうが有利であることは間違いありません。

あなたは生まれつきの頭の良さで優等生や劣等生が決まると思っていませんか?

幼児教育から徹底的に行っているのに、全くと言っていいほど成績が上がらないと悩んでいる
のであれば「地頭の違い」だと諦めたくなるのも当然かもしれません。

しかし、麻布や暁星といった難関中学から、東大・京大といった難関大学まで合格に導いたと
いう家庭教師のF.Mさんは、学校や塾の勉強が大学の合否を決めるわけではないと指摘をして
います。

それよりも「勉強をするための土台作り」をすることのほうが重要だといいます。

学校ではもちろんのこと、予備校や進学塾を含めた学習塾や、F.Mさんを除く大半の家庭教師
なども教えていない盲点といえるでしょう。

この「勉強をするための土台作り」を身につけているかどうかで大きな違いが出るのです。

早くも小学校高学年以降には学力差が出てきますから、この土台を身につけるのは早いほうが
いいことは間違いないといっても、タイムリミットは小学校3年生が終わるまでだとF.Mさんは
指摘しています。

なお、早ければいいと言っても、0歳時教育などで行うのは早すぎます。
小学校の低学年で始めても十分に間に合いますから、それほど心配する必要はありません。

それでは、「勉強をするための土台作り」として具体的に何をすればいいのでしょうか?

このページの先頭へ