【記憶法・遠隔セミナー】記憶術が通用しない試験対策に使える3ヶ月プログラム

kiokuho

appli02_green

記憶術」を使えば大量の物事を短期に効率良く暗記できると考えがちですが、その記憶術を
マスターするだけでも相当な苦労がつきものですし、せっかく暗記することができたとしても
現代の試験では通用しなくなっている
ケースも珍しくありません。

というのも、かつての試験といえば、単純に知識を問うだけの問題が中心だったのに対して、
現代はマークシートを使った選択式の試験だったとしても、知識を思い出すだけでは正解まで
辿りつけないケースが増えているからです。

要するに、覚えた知識に対して「応用」することができなければ、問題が解けなくなっている
というのが現代の試験の特徴です。

そこで、「東大家庭教師」シリーズで一躍有名となった吉永賢一さんは、現代の試験では通用
しなくなってきた「記憶術」だけでなく、人間が本来持ち合わせている「記憶力」も併用する
記憶法」を新たに開発したことで、この問題に対応できるといいます。

記憶力というのは、意識を集中したり内容を理解することで覚えるという、日常生活などでも
ごく普通に行っている覚え方ですが、個人差や年齢差によって大きな違いが出るからこそ期待
できないと悩んでいる人も数多くいます。

あなたも、その中の一人ではないでしょうか。

しかし、記憶力が悪かったり、年をとるほどに低下するという現象はトレーニングを行うこと
によって改善できます。

運動を全くしなければ老化にともなって体力が低下していきますが、定期的なトレーニングを
行うことで、老化に伴う体力低下を最小限に抑えられるどころか、逆に体力向上させることも
可能になるわけですが、記憶力についても全く同じことが言えます。

吉永さんの提唱する記憶法は、単に記憶術を身につけるだけでなく、記憶力を改善するための
トレーニングも並行して行うことで、始めた当日から徐々に改善効果を実感できるようになり
90日間もすれば、全く異次元のレベルに到達することが可能
になります。

必要なことを必要な分だけ、必要な形で覚えていくことができるのです。

【詳細を開く】

このページの先頭へ