【Attraction DELTA】エセトレーナーのアドバイスは役立たずどころか害悪

a-delta

appli02_green

筋トレ」と一口に言っても、どの筋肉を重点的に鍛えるかでトレーニングメニューは大きく
変わってきます。

とりあえず一通りというのは、何の役にも立たないどころか時間の無駄でしかないのです。

小心者で元アメフト選手だった飯田健二さんは、あなたが腹筋を中心に鍛えているのであれば
今すぐ考えなおしたほうがいい
と警告しています。

もちろん、ボクサーとしてボディを鍛えるために腹筋強化は欠かせないといった適切な理由が
あれば全く問題ありませんが、全身の筋肉の中でも腹筋から鍛えたほうがいいだろうといった
甘い考えで取り組むのであれば考えなおしたほうがいいという話です。

なぜならば、女性にモテるなどといった具合に筋肉質な体つきになりたいと思って筋トレする
のであれば、腹筋よりも見た目でわかる別の筋肉を鍛えたほうが時間対効果が優れている
から
です。

具体的には、

  • 大胸筋
  • 広背筋
  • 僧帽筋
  • 三角筋

という4種類の筋肉になります。

といっても、短絡的に筋トレだけに取り組もうとすると、多くのケースで挫折します。

肉離れや骨折などといった怪我を起こして筋トレができなくなってしまい、そのまま挫折する
というケースも少なくありませんし、毎日、激しい筋肉痛に苦しめられながら筋トレを続ける
ことの難しさは言うまでもないでしょう。

怪我を続けたり、筋トレをして抵抗力が低下して病気がちになるといった状態では本末転倒も
いいところです。

筋トレをするだけでなく、筋トレの仕方や全体のトレーニングの中での筋トレの扱い、更には
休養や筋肉を成長させるための栄養補給といった具合に、全体的な観点から実践していかない
と、必ずと言っていいほど失敗する
と断言しています。

【詳細を開く】

このページの先頭へ